気になったモノやコトを紹介しています。
小型ですが無線パワーも弱すぎず、のブリッジです。 ルーター機能は搭載されていません。 もともとのコンセプトとしては出張や旅行先のホテルに持ち込み、ホテルの壁や机に生えてるLANの口を無線化するもののようです。 たぶんルーターに挿すと普通に無線親機になるんではないかと。 USB給電なので便利です。 目安の接続台数は3台となっていましたが、
RACSIAの内蔵無線を無効にして外付けのアクセスポイントを繋いでみた。 モノはバッファロのWBR2-G54。 本来はルーターだが、IPアドレスをRACSIAの内部に合わせてアクセスポイントとした。 そしてGX-IPCL-コードレス電話機にその無線設定をして接続してみた。 結果として普通に通話できた。 2.4GHz帯だと電子レンジなど、他家
NTTのIPセントレックスな電話機RACSIAが意外と自由が利きそうなのでテスト。 このビジネスホン、本体自体にアンテナ親機が内蔵されているのだが、どうも出力が小さい気がする。 純正のリピータもない。 より遠くの場所で無線子機(GX-IPCL-コードレス電話機)を使ってみたかったので、無線の電波を中継してみる。 親機WIB-<1