パソコンや開発、Linuxやデータベースのことなど
例えばボリュームグループVg00のロジカルボリュームlv02を/mnt/lv02に起動時自動的にマウントする場合 /etc/fstabに以下のような行を追加 /dev/mapper/vg00-lv02   /mnt/lv02    &
例えばvg00にlv02を作ってimg形式でdomainU作成。 スナップショットを作ってホットバックアップを簡単にする予定。 VolGroup00に、LogVol02という10Gbytesの論理ボリュームを作成 # lvcreate -L 10G -n LogVol02 VolGroup00 LogVol02をext
VolGroup00に、LogVol02という10Gbytesの論理ボリュームを作成 lvcreate -L 10G -n LogVol02 VolGroup00 LogVol02をext4でフォーマット mkfs.ext4 /dev/VolGroup00/LogVol02 /mnt/lv02作成 mkdir /mnt/lv02 /m
例えばVolGroup00に20Gの容量をとってLVを作成 lvcreate --size=20G --name LogVol02 VolGroup00 作成したLVに対話的に仮想マシンをインストール virt-install --prompt --file=/dev/VolGroup00/LogVol02 Xenまとめに戻る
lvcreate --snapshot --size=1G --name snap0 /dev/VolGroup00/LogVol00 ハードディスクの未使用領域に、1Gバイトでスナップショットを作成します。 ----- lvremove /dev/VolGroup00/snap0 作ったスナップショットの削除
lvresize -L -5G /dev/VolGroup00/LogVol00 LogVol00から動的に5Gバイト未使用領域を作る ----- 使用中のパーティション?のリサイズで、縮小はオンラインではできないらしい。 live CDから起動してアンマウントの状態で行うらしい。 拡大はオンラインからでもできそう。 実際はファイルシステムを縮小して