パソコンや開発、Linuxやデータベースのことなど
さくらクラウド CentO7.5 1GB/1仮想コア 1,522円+20GB SSD 432円 = 1,954円 WebARENA VPSクラウド CentOs7.4 1GB/2仮想コア SSD 30GB 720円(税別)
wget http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/7/x86_64/Packages/p/perl-Net-IP-1.26-4.el7.noarch.rpm rpm -ivh perl-Net-IP-1.26-4.el7.noarch.rpm バージョンなどは適宜読み替えてくだ
yum groupinstall "GNOME Desktop" インストールが終わったら、起動モードを graphical.target に変更。 systemctl set-default graphical.target 再起動すればGUIで起動する。
CentOSでyum updateでbootの容量が足りなくて下記のようなメッセージがでるとき Error Summary ------------- Disk Requirements:   At least 15MB more space needed on the /boot filesystem. 古いカー
まずBIOSへの入り方 F2を連打 BIOSに入るのに時間かかります・・・ 最初からRAID設定になっている模様。 Ctrl+MでRAID設定に入れます。 あとはNECのサーバーの時に書いたLSI Embedded MegaRAIDと同じなので こちらを参照
コマンド dmidecode で、Memory Deviceの Speedのところに周波数が書いてます。
ゲストOSの自動起動を設定 virsh autostart guest ゲストOSの自動起動を解除 virsh autostart --disable guest 仮想環境へのコンソール接続 virsh console guest 退避はCTRL+]
NECのサーバーNP8100-1881YP4Y Express5800/GT110eのRAID設定。 いつものようにジャンパの設定。 黄色いコネクタの近くのマザーボードに書かれたSWRAIDという小さい字を見つけ、そのジャンパを黄色いコネクタの方向にずらし有効にする。 あとは サーバー仕様はこちら CPUがceleronだと、メモリ
Linux CentOS6.3をネットインストールする場合 URLの欄に http://ftp.riken.jp/Linux/centos/6.3/os/x86_64 を入力。 理化学研究所からダウンロードする場合
Linux上で動くPerlのプログラムを移転してて、データのバイナリをみると最初の方にSQLiteと入ってた。 Perl上ではエラーも出ず、しかしDBがうまく読めてないようなので、PHPからDBの中身を見てみることに。 CentOS6.3上のPHPでSQLiteを使おうとしてけっこうつまづいたのでメモ。 ネット上に有効
Express5800/GT110d NP8100-1766YP5YにRAID設定したのでそのメモ。 レイドはオンボードのハードウェアRAIDを使用。 これだとホットスワップやオートリビルドは出来ないが、ドライバも不要で比較的に簡単に設定できる。 より簡単で、高機能なRAIDが組みたい人はARAIDなどを使おう。 追加で用意したも
Express5800/S70 タイプPJ NP8100-9021PS04 (NEC)にオンボードRAIDでCentOS5をインストール。 ネットでは鼻毛サーバー(笑)と言われているちょっとかわいそうなサーバー。 OSレスだが、サーバーらしいデザインと、作りのキレイさ、価格の手頃さで私は気に入っている。 NECの弱体化でこのシリーズがなくならないと
たまに上書きして元のはどうだったっけ?ってなるんでCentOS6.2インストール直後のiptablesのメモ。 デフォルトはこんな感じのシンプルなもの。 /etc/sysconfig/iptables # Firewall configuration written by system-config-firewall # Manu
なんかほっとくとすぐグラフィカルインストールになる・・・ 強制的にテキストインストール(cui)にしたい場合は CentOS6のインストール画面でTABキーを押す 下部に vmlinuz initrd=initrd.img が表示されるので、その後ろに空白を入れてtextと打ってエンターキー。 うーん、テキストモードで
例えばvg00にlv02を作ってimg形式でdomainU作成。 スナップショットを作ってホットバックアップを簡単にする予定。 VolGroup00に、LogVol02という10Gbytesの論理ボリュームを作成 # lvcreate -L 10G -n LogVol02 VolGroup00 LogVol02をext
Xen コマンドラインでゲストOSインストール 対話モードでCentOs6を64ビット版で virt-install --nographics --prompt -l http://ftp.riken.jp/Linux/centos/6/os/x86_64 Xenまとめに戻る
yum groupinstall Virtualization yum install kernel-xen xen対応のKernelを利用するため、「/etc/sysconfig/kernel」の「DEFAULTKERNEL=kernel」行を「DEFAULTKERNEL=kernel-xen」に変更。 # vi /etc/sysconf