Express5800/S70 タイプPJ NP8100-9021PS04 (NEC)にオンボードRAIDでCentOS5をインストール。

ネットでは鼻毛サーバー(笑)と言われているちょっとかわいそうなサーバー。
OSレスだが、サーバーらしいデザインと、作りのキレイさ、価格の手頃さで私は気に入っている。
NECの弱体化でこのシリーズがなくならないといいのだが。

さて、このサーバーにセントOSを入れた時のメモ。

レイドはオンボードのハードウェアRAIDを使用。
これだとホットスワップやオートリビルドは出来ないが、ドライバも不要で比較的に簡単に設定できる。
より簡単で、高機能なRAIDが組みたい人はARAIDなどを使おう。

Express5800/S70タイプPJは、オンボードRAIDは非公式対応らしいので、以下の設定は自己責任で。

追加で用意したものもは
ハードディスク HITACHI 日立 Deskstar 7K1000.C HDS721050CLA362 2個
メモリ トランセンド JM1333KLN-8GK


ハードディスク SATA0とSATA1に接続

初期設定ではRAIDはONになっていない。
ジャンパで設定。

電源切ってコンセントを抜いた状態でPCI側のジャンパのサーバー正面を右にして右から2番目(RAID)に1番目(予備)のジャンパを差し替える。

起動 → CTRL+M

LSI Software RAID Configuration Utility

RAID1設定の仕方

Configure→New Configuration→Yes
0 READYの上でスペースキー→ONLIN A00-00になる
1 READYの上でスペースキー→ONLIN A00-01になる

F10キーを押す→スペースキー→SPAN-1が設定される
F10キーを押す→Virtual Drive0のウインドウ
DWC(Disk Write Cache)をOnに
※性能は上がるが、突然の電源断でキャッシュデータを消失する

「Accept」の上でエンター
エンター → Save Confituration?→Yes
ESCでManagement Menu→Initialize→エンター→スペースキー→F10
Initialize? → Yes

整合性チェック(時間かかります)
ESCでManagement Menu→Check Consistency
スペースキー → F10キー → Yes

ESCで閉じる


こちらの環境ではCentOS5.7にVirtualization(仮想化)を入れると、Xenカーネル用のドライバがないのか、AHCIかACPIかとにかくそこらへんの競合か不調で再起動を繰り返す。

CentOS6.2のKVMでは問題なくインストール出来た(はず。テスト中)。

どうしても5系列で動かしたい人は機種は違うが下記を参考に。
http://adst.jp/reminder/521.html

私は諦めて6に行きました・・・






関連 2012-02-24 11:31:07