XHTML5の宣言のサンプルです。

<!DOCTYPE html>
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head>
<meta charset="UTF-8" />
<title>XHTML5です</title>
<link rel="stylesheet" href="base.css" />
</head>
<body>
<p>XHTML5です</p>
</body>
</html>



xhtmlでも上部のxml宣言(下記)はいらないようだ
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>

type属性には、スクリプト言語やデータ形式を指定。
スクリプトの場合、type属性の初期値はtype="text/javascript"なので、JavaScriptの場合にはtype属性の指定を省略することが可能。
スクリプト言語のタイプがtype="text/javascript"以外となる場合にはtype属性が必須


cssのtype="text/css"も省略可能。





関連 2014-02-15 10:34:40