AHCI設定のあるマザーボードで、IDE設定のままSSDにWindows7(Vistaも?)をインストールしてしまうと遅いです。
SSDを導入したのになんかあんまり速くなんない…という方は今一度BIOS設定を見直してみましょう。

私が設定したのはマウスコンピュータのP55M-SD40というMSIのMBを積んだデスクトップパソコン。
Windows7 Home Premium 64ビット、CPUはi7、メモリ4Gです。

まずBIOS設定前にレジストリの修正です。
922976で検索して出てきたマイクロソフトのページに情報があります。

-----

Windows 7 ベースのコンピューターまたは Windows Vista ベースのコンピューターの BIOS セットアップを使用して、ブート ドライブの SATA (Serial Advanced Technology Attachment) モードを、AHCI (Advanced Host Controller Interface) 仕様または RAID (Redundant Array of Independent Disks) 機能を使用するように変更した後、コンピューターを再起動すると次のエラー メッセージが表示されます。
STOP 0x0000007B INACCESSABLE_BOOT_DEVICE

-----
はい、そのとおり青画面をくらいました。
ブルースクリーンになる前にレジストリの修正をしないといけないようです。

Fix Itの自動修正もあるのですが、あんまりこれでうまく行ったためしがないので、手動を試みます。

次のいずれかのレジストリ サブキーを見つけて、クリックします。
HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\Msahci
HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\IastorV
右側のウィンドウで、[名前] 列の [Start] を右クリックし、[修正] をクリックします。
[値のデータ] ボックスに「0」と入力し、[OK] をクリックします。

上記修正を施し、再起動しBIOSの設定へ。

Integrated Peripherals → On-Chip ATA Devices → 

PCI IDE BusMaster Disabled
On-Chip SATA Controller Enabled
RAID Mode AHCI

に設定し保存後起動。

おー、青画面にならない。
しかも体感で速い。

デバイスマネージャのIDE ATA/ATAPIコントローラーに「Standard AHCI 1.0 Serial ATA Controller」が表示されました。

ベンチマークの結果は、

IDE時
Seq Read 191.8 Write 188.6
4K QD32 Read 18.75 Write 84.53

AHCI時
Seq Read 254.6 Write 195.1
4K QD32 Read 178.7 Write 177.2

IntelのSSDだったので(Intel 330 Series SSDSC2CT240A3)
SSD Toolboxで最適化を行った後の値です。
最適化前の方が速かったような気も…
ベンチの結果をとり忘れたので最適化前と後で比較ができない(^_^;)

レジストリの設定があるので自己責任で…




関連 2014-09-19 20:42:51