パソいろ パソコンやIT関連、周辺機器や開発のことなど

パソコンや開発、Linuxやデータベースのことなど

プリンタのインク節約 inksaver インクセーバー
最近のインクジェットプリンタ、安いけどすぐ壊れますね。
紙食いが悪くなったり、線が入ったり。

すぐ壊れるけど修理するより新品の方が安いから使い捨て。
そういう文化はどうにかして欲しいです、メーカーさん。

プリンタ本体は安く、でもインクで稼ぐ、という構図は昔の携帯のようです。

仕事でインクジェット使うと結構インク代が高くつきますよね。
ヘッドクリーニングでもインク減るし、黒だけ印刷しててもカラーも減るし。

で、知り合いのところでこんなソフトがあるってしりました。
その名もinksaver(インクセーバー)。



最大75パーセントインクを削減してくれるみたいです。

実際印刷結果を見たら、薄かったので効果があると思います。
最終印刷物以外は、すべて濃くないといけないわけではないですもんね。
実際、知り合いのところでは500枚の年賀状の印刷でインク代がけっこう浮いたらしいです。



インストールするだけで設定完了!インストール後のプリンタ設定を行うことなくすぐに使えます。インクセービング率を0-75%までの範囲で自由に設定可能(1%単位)。印字品質、印刷速度、安定性が大幅UP、お使いのプリンタに最適な品質で印刷。プリンタごとの設定変更に加え、ブラウザ用、メール用、Office文書用など用途別セービング率設定対応。カラーインクも節約!強制モノクロ印刷搭載。ネットワーク共有プリンタのホストPC、クライアントPCの両方にインストール可能。国内で発売中のほとんどのインクジェットプリンタに対応。

D-Sub25ピンをDVIに、DVIをD-Subに
デュアルディスプレイにしようと思ったけど、デジタルのディスプレイしかない(もしくはアナログのディスプレイしかない)と思った時にはこれ。





HD-D-Sub(15ピン)コネクターをDVI-Iコネクターに変換するアダプターです。BSDCDE01は、HD-D-Sub(メス)⇔DVI-I(オス)に、BSDCDE02は、HD-D-Sub(オス)⇔DVI-I(メス)に変換できます。