パソいろ パソコンやIT関連、周辺機器や開発のことなど

パソコンや開発、Linuxやデータベースのことなど

CentOS6.2インストール時の標準のiptables
たまに上書きして元のはどうだったっけ?ってなるんでCentOS6.2インストール直後のiptablesのメモ。

デフォルトはこんな感じのシンプルなもの。


/etc/sysconfig/iptables


# Firewall configuration written by system-config-firewall
# Manual customization of this file is not recommended.
*filter
:INPUT ACCEPT [0:0]
:FORWARD ACCEPT [0:0]
:OUTPUT ACCEPT [0:0]
-A INPUT -m state --state ESTABLISHED,RELATED -j ACCEPT
-A INPUT -p icmp -j ACCEPT
-A INPUT -i lo -j ACCEPT
-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 22 -j ACCEPT
-A INPUT -j REJECT --reject-with icmp-host-prohibited
-A FORWARD -j REJECT --reject-with icmp-host-prohibited
COMMIT

CentOS6でテキストインストール
なんかほっとくとすぐグラフィカルインストールになる・・・

強制的にテキストインストール(cui)にしたい場合は

CentOS6のインストール画面でTABキーを押す

下部に

vmlinuz initrd=initrd.img

が表示されるので、その後ろに空白を入れてtextと打ってエンターキー。


うーん、テキストモードではパッケージの選択できないみたい。
デフォルトはパッケージ構成は何だろう・・・?

minimalインストールになるっぽい?